メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本アカデミー賞

最優秀助演男優賞は松坂桃李 「孤狼の血」は「財産のような作品」

「第42回日本アカデミー賞」で最優秀助演男優賞を受賞した松坂桃李さん

 「第42回日本アカデミー賞」の授賞式が1日、東京都内で開かれ、映画「孤狼の血」(白石和彌監督)に出演した松坂桃李さんが、最優秀助演男優賞を受賞した。「いやー、すごくうれしいです。何を言えばいいんでしょうか……」と言葉を詰まらせていた。

 松坂さんは続いて、「白石さんとは2作目で、僕が20代の半ばから違う作品に挑戦したいと、マネジャーさんと『何が良いか』と話していたら、白石さんの『凶悪』を見て、ぜひ白石さんの作品に出たいと言っていたんですね」とコメント。

 「最初に出たのは、蒼井優さんとやらせてもらった(『彼女がその名を知らない鳥たち』)、とんでもないげすな役。「僕でいいんですか?』ってお尋ねしたんですけど、監督から『お願いします』と。(これまでの自身の)毛色にない役をやって、刺激になって、短いスパンで『孤狼の血』に読んでいただいて、役所(広司)さんと再開させてもらって。僕にとって、財産のような作品になりました。本当にうれしいです」と万感の思いで語った。

 「孤狼の血」は、柚月裕子さんの小説(角川文庫)が原作。暴力団対策法成立直前の広島を舞台に、新人刑事の日岡秀一が、暴力団との癒着がうわさされる刑事・大上章吾と共に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当することになる……というストーリー。

 優秀助演男優賞は次の通り(敬称略)。

 岸部一徳「北の桜守」▽ディーン・フジオカ「空飛ぶタイヤ」▽西島秀俊「散り椿」▽二宮和也「検察側の罪人」▽松坂桃李「孤狼の血」

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立命館大元准教授、イラクで拘束か テロ容疑で手配中
  2. 滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚
  3. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係
  4. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  5. 長谷川博己さん、明智光秀の菩提寺訪問 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」主役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです