メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本アカデミー賞

新人俳優賞に芳根京子 目標は篠原涼子

「第42回日本アカデミー賞」で新人俳優賞を受賞した芳根京子さん

 「第42回日本アカデミー賞」の授賞式が1日、東京都内で開かれ、映画「累-かさね-」「散り椿」に出演した芳根京子さんが、新人俳優賞を受賞した。芳根さんは「どちらも逃げたくなるような高い壁と感じていました。あの時、正面からぶつかっていったから、ここに立てていると思うと、いろんな人生に挑戦したいと思います」と笑顔でスピーチした。

 篠原涼子さんに憧れているといい、「事務所の先輩で、身近な大先輩。涼子さんのように、さまざまな役をできる女優さんに私もなりたいです、大好きです」と、会場にいる篠原さんに話しかけると、篠原さんは「芳根ちゃんは謙虚で明るくて、現場を和ませてくれるキラキラした存在」とコメントした。

  同賞には、「羊と鋼の森」の上白石萌歌さん、「生きてるだけで、愛。」の趣里さん、「響 -HIBIKI-」の平手友梨奈さん、「コーヒーが冷めないうちに」の伊藤健太郎さん、「坂道のアポロン」「覚悟はいいかそこの女子。」の中川大志さん、「スマホを落としただけなのに」「ビブリア古書堂の事件手帖」の成田凌さん、「リバーズ・エッジ」の吉沢亮さんも選ばれた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです