メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本アカデミー賞

趣里が新人俳優賞に 共演の菅田将暉からブロンズ受け取り「うれしい」

「第42回日本アカデミー賞」で新人俳優賞を受賞した趣里さん

 「第42回日本アカデミー賞」の授賞式が1日、東京都内で開かれ、映画「生きてるだけで、愛。」に出演した趣里さんが、新人俳優賞を受賞した。同作で共演していた、菅田将暉さんからブロンズを受け取った趣里さんは「菅田さんから、盾を受け取ることができてうれしいです」と笑顔を見せていた。

 また趣里さんは「私は生きて、映画というエンターテインメントに何度も救われてきました。支えてくれている人への感謝とともに、誰かの心に寄り添える人間でい続けられるよう、2019年新人賞の最年長として、日々、歩んでいきたいと思います」とコメント。菅田さんは観客席から、趣里さんにピースサインを送っていた。

  同賞には、「羊と鋼の森」の上白石萌歌さん、「響 -HIBIKI-」の平手友梨奈さん、「累-かさね-」「散り椿」の芳根京子さん、「コーヒーが冷めないうちに」の伊藤健太郎さん、「坂道のアポロン」「覚悟はいいかそこの女子。」の中川大志さん、「スマホを落としただけなのに」「ビブリア古書堂の事件手帖」の成田凌さん、「リバーズ・エッジ」の吉沢亮さんも選ばれた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです