メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「直接の民意、何より重い」沖縄知事、辺野古反対を首相に通知 

県民投票の結果について安倍晋三首相(右)に説明する沖縄県の玉城デニー知事=首相官邸で2019年3月1日午後0時16分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は1日午後、首相官邸で沖縄県の玉城デニー知事と会談した。玉城氏は、2月24日に投開票された米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設計画に伴う名護市辺野古沿岸部の埋め立てへの賛否を問う県民投票で、「反対」が投票資格者総数の4分の1を超えたため、県民投票条例に基づき首相に結果を通知した。

 約20分間の会談の冒頭、玉城氏は通知書を手渡し「直接示された民意は何よりも重く、尊重されなければならない。県民の思いを真っ正面から受け止めてほしい」と述べ、辺野古移設の…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです