メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

統計不正国会、精彩欠く 与党ペース…野党巻き返しなるか

自身に対する野党からの不信任決議案提出により開会されていない衆院予算委員会の委員会室に姿を見せる根本匠厚生労働相=国会内で2019年3月1日午前8時50分、川田雅浩撮影

 2019年度予算案が年度内に成立する見通しとなり、論戦の主要舞台は参院に移る。国会審議は与党ペースで進んでいるが、野党は引き続き、毎月勤労統計問題で政権を追及し、巻き返しを図る。春の統一地方選や夏の参院選をにらんだ与野党の攻防が続きそうだ。

 「年度内成立をしっかりと図り、防災・減災・国土強靱(きょうじん)化を次年度当初から執行する」。自民党の加藤勝信総務会長は1日の記者会見でこう語り、早期の予算執行を目指す姿勢を強調した。

 政府・与党にとって予算案の年度内成立は至上命令だ。特に今国会は統一地方選、衆院2補選、参院選と重要選挙が目白押しで、予算案を早期成立させ、「選挙モード」(自民党幹部)に入りたいのが本音だ。政府が提出法案を絞り込んだのも安全運転で乗り切る戦略からだ。

この記事は有料記事です。

残り1412文字(全文1751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  2. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  3. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

  4. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです