メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ポイント還元制度」多難 大量購入で予算不足? 店舗線引き定まらず…

ポイント還元制度の課題

 2日未明に衆院を通過する見通しになった2019年度予算案の審議では、野党側が消費税増税時に導入する「ポイント還元制度」の問題点を追及した。政府は同制度を経済対策の柱に位置付けるが、必要な予算額が不足したり、使い残しのポイントが決済事業者の手元に残ったりする可能性などが指摘されている。懸念払拭(ふっしょく)は容易ではなさそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1095文字(全文1260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  4. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです