セブン-イレブンが24時間営業見直しへ実験開始 直営10店、16時間に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
深夜の営業を取りやめたセブン-イレブン東大阪南上小阪店=大阪府東大阪市で2019年2月21日、釣田祐喜撮影
深夜の営業を取りやめたセブン-イレブン東大阪南上小阪店=大阪府東大阪市で2019年2月21日、釣田祐喜撮影

 セブン―イレブン・ジャパンは3月中旬から営業を16時間に短縮した店舗運営の実験を始める。宮城、栃木、東京、千葉、愛知、兵庫、福岡、熊本の1都7県にある直営店10店舗が対象となる。人手不足が社会問題になる中、今回の実験がコンビニの24時間営業見直しにつながるか、注目を集めそうだ。

 セブンは駅構内やオフィスビルなどに入居する店舗を除き24時間営業を原則にしている。今回の実験では営業時間を午前7時から午後11時までにする方針。実験に期限を設けないが、少なくとも数カ月間行う予定。売り上げの動向など結果次第では、全国約2万店のうち9割以上を占めるフランチャイズチェーン加盟店での導入を検討する可能性もある。

 時短営業を巡っては、人手不足に陥った東大阪市の「セブン―イレブン東大阪南上小阪店」が2月から19時間営業に切り替え、セブン本部と対立。27日には加盟店オーナーが団体交渉の申し入れを行い、セブンは団体交渉には応じない姿勢を示してきた。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文810文字)

あわせて読みたい

注目の特集