メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3・1独立運動から100年 文氏、「未来志向」強調し対日批判せず

3・1運動記念式典会場へ太極旗を手に向かう学生ら=ソウル市内の光化門交差点で2019年3月1日午前10時40分、堀山明子撮影

 【ソウル堀山明子】日本の植民地支配に抵抗する3・1独立運動が起きて100年を迎えた1日、ソウル市中心部の光化門(クァンファムン)広場で記念式典が開かれ、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が演説した。元徴用工訴訟など歴史問題で日韓関係が悪化する中、対日関係への言及が注目されたが、韓国内の「親日の残滓(ざんし)の清算」の必要性を指摘しながらも、北朝鮮の核問題や南北関係改善などを念頭に日本との協力を強化するとの未来志向の姿勢を強調した。

 文氏は演説で植民地時代の日本による統治によって、独立運動に関わった人たちが「思想犯」として共産主義…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文704文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです