メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「将棋界の一番長い一日」 名人戦A級順位戦、最終局始まる 

A級順位戦最終局を前に、駒を並べる豊島将之王位=静岡市葵区の「浮月楼」で2019年3月1日午前8時45分、玉城達郎撮影

 佐藤天彦(あまひこ)名人(31)への挑戦権を懸けた第77期名人戦A級順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)の最終9回戦5局が1日午前9時、静岡市葵区の浮月楼で一斉に始まった。A級順位戦最終局が同所で行われるのは2年連続3回目。

 江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜が20年間住んだと伝えられる浮月楼。その庭園に臨む明輝館に、A級棋士10人が次々と姿を現し、五つの部屋に分かれていった。通常のA級順位戦より1時間早…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  2. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  3. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです