東名あおり事故でデマ ネット中傷の8人に賠償求め提訴へ 容疑者と同姓社長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 神奈川県の東名高速で2017年6月に起きたあおり運転による死亡事故を巡り、無関係なのにインターネット上にデマを書き込まれたとして、北九州市の会社社長(48)が来週にも書き込んだ男性ら8人に計880万円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁直方支部に起こす。

 原告は「石橋建設工業」(八幡西区)の石橋秀文社長。代理人弁護士によると、被告とするのはネット上にデマを書き込んで中傷したとして福岡県警が名誉毀損(きそん)容疑で書類送検した11人(福…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

あわせて読みたい

注目の特集