白線流し 輝く伝統と友情、川の流れのように…岐阜・斐太高

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
在校生が見守る中、制帽の白線とスカーフを流す卒業生たち=岐阜県高山市の大八賀川で2019年3月1日13時2分、大竹禎之撮影
在校生が見守る中、制帽の白線とスカーフを流す卒業生たち=岐阜県高山市の大八賀川で2019年3月1日13時2分、大竹禎之撮影

 岐阜県高山市の県立斐太(ひだ)高校で1日、伝統の卒業行事「白線流し」があった。卒業式を終えた276人が制帽の白線とセーラー服のスカーフを結んで学校前の大八賀川に流し、永遠の友情を誓った。

 80年ほど前、旧制中学時代に卒業生が制帽の白線を結び、川に流したのが始まり。卒業生を代表して鈴木日菜子さん(1…

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文275文字)

あわせて読みたい

注目の特集