メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農福連携、障害者が担うクラフトビール完成 「東京五輪・パラでも提供を」 京都

発売された農福連携のクラフトビール「ふぞろいの麦たち」=京都市中京区で2019年3月1日午後4時18分、川平愛撮影

 障害のある人たちが大麦やホップの栽培から製品化まで携わるクラフトビール「ふぞろいの麦たち」(330ミリリットル540円)が1日、発売された。京都市のNPO法人などが中心となった農福(農業と福祉)連携の取り組みで、栽培から一貫して福祉事業所が担うのは珍しい。関係者は「東京五輪・パラリンピックで提供できれば」と意気込む。

 企画したのは、NPO法人「HEROES(ヒーローズ)」が運営し、自閉症の人が働く「西陣麦酒(ばくし…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. スカーレット ヒロイン幼少時代は「みいつけた!」3代目スイちゃんの川島夕空
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです