メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農福連携、障害者が担うクラフトビール完成 「東京五輪・パラでも提供を」 京都

発売された農福連携のクラフトビール「ふぞろいの麦たち」=京都市中京区で2019年3月1日午後4時18分、川平愛撮影

 障害のある人たちが大麦やホップの栽培から製品化まで携わるクラフトビール「ふぞろいの麦たち」(330ミリリットル540円)が1日、発売された。京都市のNPO法人などが中心となった農福(農業と福祉)連携の取り組みで、栽培から一貫して福祉事業所が担うのは珍しい。関係者は「東京五輪・パラリンピックで提供できれば」と意気込む。

 企画したのは、NPO法人「HEROES(ヒーローズ)」が運営し、自閉症の人が働く「西陣麦酒(ばくし…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです