メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古の民意「受け止めます」だけで許されぬ 首相に憤る反対派

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、玉城(たまき)デニー知事と安倍晋三首相が1日会談した。移設への反対が多数となった県民投票の結果を携え移設断念を迫った知事に対し、「真摯(しんし)に受け止める」と従来の回答を繰り返す首相。「私たちの民意を無視しないで」。辺野古ではこの日も工事が続き、沖縄では県民投票の結果を一顧だにしない政府への不信が募る。

 「投票の結果に法的拘束力がないからといって『受け止めます』だけでは許されない。圧倒的な民意を無視し…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです