メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒアリ検出キット、早期発見に100機関配布へ 国立環境研

全国100機関に配布予定のヒアリ検出キット(手前)=茨城県つくば市で2019年3月1日14時50分、大塲あい撮影

 国立環境研究所(茨城県つくば市)は4月1日、「ヒアリ検出キット」の配布先として研究機関など全国100機関の募集を開始する。ヒアリは強い毒を持つ特定外来生物だが、他のアリとの区別が難しい。キットでは簡単に判別できるという。

     使い方は、複数のアリをつかまえてまとめてすり潰し、「LAMP法」でDNAを増幅。さらにチューブ入り試薬に入れると、ヒアリが混ざっていれば白く濁る。足1本程度があれば検出でき、1匹ずつ判別できなくてもヒアリが侵入していることが確認できる。

     検出方法は昨年開発した。今回、5種類の試薬をあらかじめ混ぜておくなど簡素化した。100機関には6回分の試薬やヒアリなどを提供。検出に慣れてもらい、早期実用化を目指す。

     ヒアリは南米原産で、2017年6月に日本で初めて侵入が確認された。それ以降、港を中心に各地で見つかり、専門家が顕微鏡で判定している。五箇(ごか)公一・同研究所生態リスク評価・対策研究室長は「キットで市民も簡単に監視できるようになれば、早期発見につながる」と話す。

     募集の詳細はウェブサイト(https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/)で公表予定。問い合わせは同研究所侵入生物研究チーム(invasive@nies.go.jp)。【大場あい】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
    2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
    3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
    4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
    5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです