ヒアリ検出キット、早期発見に100機関配布へ 国立環境研

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
全国100機関に配布予定のヒアリ検出キット(手前)=茨城県つくば市で2019年3月1日14時50分、大塲あい撮影
全国100機関に配布予定のヒアリ検出キット(手前)=茨城県つくば市で2019年3月1日14時50分、大塲あい撮影

 国立環境研究所(茨城県つくば市)は4月1日、「ヒアリ検出キット」の配布先として研究機関など全国100機関の募集を開始する。ヒアリは強い毒を持つ特定外来生物だが、他のアリとの区別が難しい。キットでは簡単に判別できるという。

 使い方は、複数のアリをつかまえてまとめてすり潰し、「LAMP法」でDNAを増幅。さらにチューブ入り試薬に入れると、ヒアリが混ざっていれば白く濁る。足1本程度があれば検出でき、1匹ずつ判別できなくてもヒアリが侵入していること…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集