「民主主義を埋めるな」 官邸前で辺野古反対集会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首相官邸前で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設に絡む名護市辺野古沖の埋め立てに抗議する人たち=東京都千代田区で2019年3月1日午後8時4分、和田大典撮影
首相官邸前で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設に絡む名護市辺野古沖の埋め立てに抗議する人たち=東京都千代田区で2019年3月1日午後8時4分、和田大典撮影

 東京・永田町の首相官邸前では1日夜、「#0301辺野古埋めるな東京大抗議」と題した集会が開かれた。ツイッターなどで開催を知った多くの市民らが駆け付け、米軍普天間飛行場の移設計画に伴う名護市辺野古沿岸部の埋め立て工事をすぐにやめるよう訴えた。

 集会が始まった午後7時半には官邸前の歩道に三重、四重の長い列ができた。「民主主義を埋めるな」「辺野古に基地はいらない」と書かれたプラカードを手に、太鼓の音に合わせて「辺野古を埋めるな」「安倍(晋三首相)は辞めろ」と声を上げ続けた。

 会場では、約9万人分の有効署名を集めて県民投票の実施を求めた「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表(27)がマイクを握った。元山さんは、県民投票で「反対」が7割超を占めたにもかかわらず、安倍首相が埋め立てを進めようとしていることを踏まえ、「残念ながら沖縄の意思は形になっていない。(政府による)いじめの状態を終えなければならない」と強調。「みんなで知恵を出せば、辺野古以外の選択肢も生まれるはず…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文644文字)

あわせて読みたい

ニュース特集