メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

運命を呼び寄せた天才 ドナルド・キーンさんを悼む

「幻」の古浄瑠璃本「弘知法印御伝記」ロンドン公演の記者会見に臨んだドナルド・キーンさんと鳥越文蔵・早大名誉教授=東京都内で2017年3月1日、中澤雄大撮影

 2月24日に96歳で心不全のために死去した米コロンビア大名誉教授ドナルド・キーンさんと、日本芸能研究を通じて60年来の交遊があった鳥越文蔵・早稲田大演劇博物館元館長が毎日新聞に「天才 ドナルド・キーンの逝去を悼む」と題する追悼文を寄せ、畏友(いゆう)を悼んだ。

 二人は58年前、キーンさんがサバティカル(研究休暇)で東京滞在中に出会った。そのことが後年、幻の古浄瑠璃本「越後国柏崎 弘知法印御伝記(こうちほういんごでんき)」大発見につながり、さらにキーンさんが後に養子に迎える浄瑠璃三味線奏者、上原誠己(せいき)さんらによる同本の復活上演につながってゆく。まさに運命的な出会いであった。日本文学に生涯をささげ多大な業績を残す一方で、「孤独」に満ちた研究生活を送ったキーンさんが晩年、日本国籍を取得し穏やかな日々を過ごせたのは、鳥越さんとの間で長く育まれた友情の所産と言っても過言ではないだろう。【中澤雄大】

この記事は有料記事です。

残り1613文字(全文2017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  5. ORICON NEWS シャア役・池田秀一、体調不良で『ガンプラ』特番のナレーション変更 アムロ役・古谷徹に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです