メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

透過率をクリアしたフィルムなのに違反? クルマのウインドウフィルムの効果と思わぬ落とし穴

情報提供:カートップ

透過率をクリアしたフィルムなのに違反? クルマのウインドウフィルムの効果と思わぬ落とし穴

じつはスモークガラスは熱をカットできない

 最近の国産車では、ほぼすべてのクルマでスモークガラス(プライバシーガラス)が標準で装備されるようになり、ウインドウフィルムを貼ることは減ってきたかもしれないが、断熱効果、つまりIRカット効果のある透明フィルムは人気がある。貼ると夏の太陽特有のジリジリした熱さが緩和されたりするし、エアコンの負担も減る。

カーフィルム

 よく勘違いしがちなのだが、スモークは肌に有害な紫外線をカットするだけで、じつは熱はカットしない。熱源である赤外線をカットしないと熱さはカットできないのだ。そのため標準でスモークガラスだとしても、別途、断熱フィルムを貼るのは有効だ。

 そもそもウインドウフィルムの色、つまり透過率についての定めをおさらいしておくと、フロント3面(前と横2面)は可視光線透過率が70パーセント以上ないとダメ。70パーセント以上というと、少し色がなにか付いているかな程度だ。逆にフロント3面以外のリヤまわりはどんな濃さでも問題なく、まったく向こうが見えない真っ黒でもOKではある。

カーフィルム

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです