メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

ひな写真、妻の面影 震災後に発見「運命だ」 岩手・大槌、家族失った80歳

昨年冬に再建したばかりの自宅に七段飾りのひな人形の写真を飾る煙山佳成さん=岩手県大槌町安渡2で

 真っ赤な布が敷かれたひな壇に、五段飾りのひな人形を一体一体写した「写真」が並ぶ。岩手県大槌町の消防団長だった煙山佳成(けむやまかなり)さん(80)は、昨年11月に再建した自宅の和室に特別な思いで飾った。東日本大震災の津波で犠牲になった妻が、大切に持っていたひな人形。「本体は流されたけど、震災直後に写真だけは見つかってね」。ひな祭りの日、写真を眺めながら妻のことを思う。【神内亜実】

 煙山さんは海から数百メートル離れた自宅で、一緒に暮らしていた妻昌子さん(当時73歳)と義母タマさん…

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです