メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 命つないだ橋 宮城県名取市・北釜地区

掛け替えられた北釜橋を訪れ、震災時の状況を語る高橋愛子さん(左)と森浩利さん。右奥は現在も更地が広がる北釜地区=2019年2月

 2011年3月11日、東日本大震災の地震から1時間余り後、宮城県名取市の北釜地区は大津波に襲われた。北釜は江戸時代に築かれた運河「貞山堀」で内陸と区切られ、北釜橋が架かる。しかし地震で橋に30センチ近い段差が生じ、車は通行不能。逃げ場を失い絶望的な状況の中、橋の上で命を救われた人たちがいた。

 海から約700メートルの自宅で地震に遭った北釜の農家・森浩利(ひろとし)さん(54)。車を退避させ、家を出ようとした時「バリバリと音がして、どこの家が崩れたのかと思った」という。「松林が土煙に覆われ、足元を水が流れてきた。自転車で出たが途中で捨てて走ったんだ」。東北大漕艇(そうてい)部の建物を目指すが水の方が早く断念、北釜橋で行き場を失う。

 高橋愛子さん(62)は地震後、海から約450メートルの自宅にパート先から戻ったが、80代の義父が避…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1123文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  5. 17歳少女を無免許運転で逮捕 同乗者4人死傷 福岡県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです