メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニのスタジオで爆発 けが人多数か
東日本大震災

8年 福島民放2局の挑戦 風評・風化と闘う報道

福島中央テレビには、福島第1原発爆発の瞬間を撮影したカメラが展示されている。左は丸淳也報道部長=福島県郡山市で、屋代尚則撮影

 「『過去の出来事』ととらえられつつあると感じるが、全く終わっていない」。東日本大震災の記憶の風化が進む中、被災地を抱える福島県内のテレビ局はどのような報道を続けているのか? 東日本大震災から丸8年を前に各局の幹部に話を聞いた。

 「福島には二つの『風』、風評と風化が存在する。8年近くがたち、全国的な関心も徐々に薄れてきている」

 TBS系の地元局、テレビユー福島(福島市)の藤間寿朗取締役(60)=報道担当=は、危機感をそう表現…

この記事は有料記事です。

残り1757文字(全文1971文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 公取委、ジャニーズ注意 芸能界監視を強化 芸能人と所属事務所の契約トラブル相次ぎ
  2. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  3. ORICON NEWS 芦田愛菜、年間100冊以上読破も「読書が芝居に役立ったことない」 女優論展開で「自由な想像」重視
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです