メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
丹下日出夫のズバッと

中山11R・弥生賞/阪神11R・大阪城S (日曜競馬)

進化期待、ラストドラフト

 【弥生賞】ラストドラフトは母が桜花賞馬マルセリーナという良血。東京の新馬を上がり3ハロン33秒1で勝ち上がり、続く京成杯を残り4ハロンからのロングスパートで制した。勝ち時計は暮れのホープフルSより0秒4速かった。正攻法の競馬で持久力を証明したが、皐月賞に向け違う戦法を試すことも可能だ。中間の調教も前回以上。さらなる進化が期待できる。

 ニシノデイジーは2走前の東京スポーツ杯2歳Sを1分46秒6の好時計で優勝。前走のホープフルS3着は…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文664文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです