メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鈴木屋敷

社長、出番です 姓発祥の和歌山が復元 企業版ふるさと納税活用

紀伊国名所図会で描かれた鈴木屋敷の様子。これを参考に復元する計画だ=和歌山県海南市提供

 「鈴木」姓の発祥の地とされる和歌山県海南市が、同市藤白地区にある国史跡「鈴木屋敷」を復元しようと、全国各地の鈴木さんに支援を求めている。「企業版ふるさと納税」制度を活用し、鈴木さんが社長を務める会社に寄付を呼びかけており、新年度からはクラウドファンディングを利用して個人の鈴木さんにも協力を仰ぐ。屋敷の建て替えを進め、観光拠点として生かす考えだ。【木原真希】

 海南市などによると、鈴木一族は和歌山・三重両県にまたがる熊野地方で代々神官を務めた名家で、平安末期…

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1261文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. 桜を見る会関連支払い「不足」 市民団体、公選法違反容疑で首相告発へ

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです