メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模原の障害者施設殺傷

被告と面会、ラジオに 私たちの生きる社会へ RKB記者「役に立たぬ人いない」

接見室で神戸金史記者(右)と話す植松聖被告の様子を描いたイラスト=東京都立川市の立川拘置所で2018年7月(RKB毎日放送提供)

 相模原市の障害者施設で19人が刺殺された事件から2年7カ月。障害のある子を持つRKB毎日放送(福岡市)記者の神戸金史(かんべかねぶみ)さん(52)が、事件を起こした植松聖(さとし)被告(29)と拘置施設で6回面会して、ラジオ番組を作った。被告が社会の役に立たない人は死んで構わないとする極端な考えを示していることを伝え、被告を生み出した社会や時代に異議を申し立てている。

 東京に単身赴任中の神戸さんは2016年7月の事件に衝撃を受ける一方で、事件現場に足が向かなかった。…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. ORICON NEWS 松方弘樹さんの息子・仁科克基、父の“親友”梅宮さん追悼「親父と天国でまた大好きな釣りを2人で」

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです