メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長原遺跡出土品展

今に通ず、ものづくりの心 大阪歴博

長原古墳群から見つかった巫女形埴輪=大阪市中央区の大阪歴史博物館で、花澤茂人撮影

 大阪市平野区に広がる「長原遺跡」と、その中にある「長原古墳群」にスポットを当てた特別展「はにわ大行進-長原古墳群と長原遺跡-」が、同市中央区の大阪歴史博物館で開かれている。

 長原遺跡は約3平方キロに及ぶ旧石器時代から江戸時代にかけての複合遺跡で、1974年から45年にわたる調査研究が続けられてきた。古墳時代には200基以上の古墳が築かれ、巫女(みこ)や武人などの人物、盾やよろいかぶとなどの武具、馬や鶏などの動物などをかたどった多彩な埴輪(はにわ)が出土。長原高廻(たかまわ)り2号墳から出土した船形埴輪(重要文化財)は全長約130センチ。丸太をく…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 「呪」「死ね」 警察幹部の報道用写真に加工 岐阜県警警部補を懲戒処分
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです