メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

相模原の障害者施設19人殺害から2年半 差別、なぜ線を引くのか RKBの神戸記者、被告と面会重ねラジオ番組

 相模原市の障害者施設で19人が刺殺された事件から2年7カ月。障害のある子を持つRKB毎日放送(福岡市)記者の神戸金史(かんべかねぶみ)さん(52)が、事件を起こした植松聖(さとし)被告(29)と拘置施設で6回面会して、ラジオ番組を作った。被告が社会の役に立たない人は死んで構わないとする極端な考えを示していることを伝え、被告を生み出した社会や時代に異議を申し立てている。【青島顕】

 東京に単身赴任中の神戸さんは2016年7月の事件に衝撃を受ける一方で、事件現場に足が向かなかった。…

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです