ウオーキング

76歳、徒歩“日本一周” 15年かけ、歩行距離地図に 篠栗・鶴丸さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 糖尿病を機にウオーキングを始めた福岡県篠栗町の鶴丸幸洋さん(76)が、歩行距離を地図に記録する方法で、開始から15年目の今年、地図上での「日本一周」を達成した。旅する気分で歩くモチベーションを高められたといい、「多くの人にやってみてほしい」とPRする。【青木絵美】

 地図は、各地の高速道のサービスエリア(SA)などで無料配布されるものを集めた。自身の1歩の幅を60センチと計算し、5000歩(3キロ)を目標に毎日続けるウオーキングの歩数を1カ月ごとに集計して距離を計算。海岸線に近い国道や県道などの主要道を歩いた距離分だけペンで塗って進む独自のルールを定めた。

 きっかけは2004年、61歳の時に糖尿病と診断されたことだった。当時は自動車整備の仕事で出張したり、帰宅が深夜になったりと、健康には無頓着だった。医師からは投薬治療と合わせ、毎日歩くように指導を受け、入院中から病院の敷地内外を歩くようになった。だが「歩くだけでは嫌になる。目標を持たないと」と考え、継続するアイデアとして歩いた距離を日本地図に落とし込む手法を思い付いた。

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文1124文字)

あわせて読みたい

注目の特集