メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

直撃いばらき

医師不足解消できず 神栖済生会・鹿島労災 病院再編まで1カ月 神栖市、巨額の対策費を予算案に計上 /茨城

 鹿島労災病院(神栖市土合本町)と神栖済生会病院(同市知手中央)が新年度、再編統合される。両院の機能を集約し、脆弱(ぜいじゃく)化した医療体制を立て直すのが目的だ。だが市民の期待とは裏腹に、中核病院の構築に必要とされる医師数は、いまだ十分に確保されていない。市は、特別対策事業として4日開会の市議会定例会に、約7億5600万円を盛り込んだ2019年度予算案を提出する。【根本太一】

 再編統合計画では、鹿島労災を31日に閉院し、4月1日に神栖済生会(本院)に統合▽鹿島労災跡の敷地内…

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1040文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです