メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際交流

歌と食事で 他国国歌と伝統料理 駐日大使館でのイベント人気 /東京

 他国の国歌を歌い、伝統料理を楽しみながら交流を深めるイベント「国歌の輪プロジェクト ワールドフードラリー」が人気だ。その国の個性を表す歌と食事は、国際交流の重要なツールとなっている。【荒木涼子】

 コロンビア大使館(品川区)で昨年11月に開かれたイベントでは集まった50人以上が同国の伝統料理「アヒアコ」などを楽しんだ後、コロンビア国歌を歌った。アレハンドロ・ポサダ臨時代理大使も胸に手を当てて熱唱。最後は、「バーモス・ア・コロンビア!(コロンビアに行ってみよう)」と声を合わせた。アレハンドロ臨時代理大使は「今夜の主役は国歌を歌った皆さんだ」と盛り上げた。

 会社帰りに参加した早坂幾馬さん(33)=同区=は「同僚にコロンビア人がいるがサッカーくらいしか知らずもっと知りたくて参加した。伝統料理を食べることも、国歌を知る機会もなかなかない。楽しかった」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文921文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブラジルの感染者、50万人超え 1カ月足らずで5倍 死者3万人に迫る

  2. 老舗漬物店「丸八やたら漬」廃業へ 5月末で 観光客の減少響く 山形

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです