国際交流

歌と食事で 他国国歌と伝統料理 駐日大使館でのイベント人気 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 他国の国歌を歌い、伝統料理を楽しみながら交流を深めるイベント「国歌の輪プロジェクト ワールドフードラリー」が人気だ。その国の個性を表す歌と食事は、国際交流の重要なツールとなっている。【荒木涼子】

 コロンビア大使館(品川区)で昨年11月に開かれたイベントでは集まった50人以上が同国の伝統料理「アヒアコ」などを楽しんだ後、コロンビア国歌を歌った。アレハンドロ・ポサダ臨時代理大使も胸に手を当てて熱唱。最後は、「バーモス・ア・コロンビア!(コロンビアに行ってみよう)」と声を合わせた。アレハンドロ臨時代理大使は「今夜の主役は国歌を歌った皆さんだ」と盛り上げた。

 会社帰りに参加した早坂幾馬さん(33)=同区=は「同僚にコロンビア人がいるがサッカーくらいしか知らずもっと知りたくて参加した。伝統料理を食べることも、国歌を知る機会もなかなかない。楽しかった」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文921文字)

あわせて読みたい

注目の特集