特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

春に挑む・国士舘センバツへ

選手紹介/10 山崎晟弥投手(2年) 甲子園で145キロ目指す /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国士舘の山崎晟弥投手=東京都多摩市の同校グラウンドで、川村咲平撮影 拡大
国士舘の山崎晟弥投手=東京都多摩市の同校グラウンドで、川村咲平撮影

 <第91回選抜高校野球>

 背番号「1」で挑んだ秋の大会は主にリリーフを任され、防御率0・77の安定した投球で勝利に貢献した。「試合の前日、自宅近くの自動販売機でココアを毎回飲んだら、調子が良かったです」と無邪気に笑う。

 最速139キロの直球に、スライダー、カットボールなどを織り交ぜる。「ピンチでも意識せず、普段通り投げるだけ」という強い精神力も頼もしい。

 小学生の時の本職は捕手。遠投110メートルの強肩は、その頃から「誰にも負けない自信があった」。中学2年で投手に転向。兄と同じ都立高への進学を考えていたが、声を掛けられて国士舘に進んだ。

 今年1月、授業で行われた柔道の寒稽古(げいこ)で、利き手の薬指を骨折。ほぼ1カ月間ボールを握れなかった。しかし「その分、筋力トレーニングで体幹を鍛えた。甲子園のマウンドで145キロを目指したい」と前向きだ。

 休みの日は愛車のロードバイクにまたがり遠出するのが楽しみ。港区の自宅から千葉県のチームメートの家まで往復120キロを日帰りで走破したこともある。【川村咲平】=つづく


 ▽右投げ右打ち▽身長183センチ▽体重89キロ▽出身・東京サニーズ

関連記事

あわせて読みたい