メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

2040縮小社会 自治体の模索/2 空き家問題 都市にも 横浜市、相談体制を強化 /神奈川

 総務省の「自治体戦略2040構想研究会」は、空き家や空き地が不規則に発生する「都市のスポンジ化」現象に言及し、放置すれば「加速度的に都市の衰退を招く」と指摘した。横浜市はどうか。土地の需要が高く、まだ空き家問題が深刻な課題とはなっていない。だが、今年をピークに人口減少が始まるとみられ、空き家の増加も予想される。市では、持ち主への相談体制を強化したり、空き家を防災拠点に有効活用したりする取り組みが少しずつ始まっている。

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1254文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 熱血!与良政談 逃げ切らせないために=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです