メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

足利尊氏

自筆書状、県立歴史館が入手 信濃守護を再任 /長野

 県立歴史館(千曲市)は1日、記者会見を開き、室町幕府の初代将軍、足利尊氏(1305~58年)の自筆書状を入手したと発表した。歴史館によると、尊氏の自筆文書は今回で40点目とみられ、「全国でも数が少なく貴重」としている。

 今回見つかったのは、尊氏が信濃国守護として小笠原政宗を再任命した時の書状。時代は室町時代の観応(かんのう)3(1352)年とみられる。書状には尊氏が好んで使った「青墨」が使われ、筆跡も尊氏自筆の他文書の特徴と一致している。

 これまで政宗が信濃国守護だったと直接示す証拠はなかったが、今回初めて見つかった。また、水にぬれた跡…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 「ヒトからヒトへ感染」確認 中国新型肺炎 春節で拡大懸念

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです