メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

足利尊氏

自筆書状、県立歴史館が入手 信濃守護を再任 /長野

 県立歴史館(千曲市)は1日、記者会見を開き、室町幕府の初代将軍、足利尊氏(1305~58年)の自筆書状を入手したと発表した。歴史館によると、尊氏の自筆文書は今回で40点目とみられ、「全国でも数が少なく貴重」としている。

 今回見つかったのは、尊氏が信濃国守護として小笠原政宗を再任命した時の書状。時代は室町時代の観応(かんのう)3(1352)年とみられる。書状には尊氏が好んで使った「青墨」が使われ、筆跡も尊氏自筆の他文書の特徴と一致している。

 これまで政宗が信濃国守護だったと直接示す証拠はなかったが、今回初めて見つかった。また、水にぬれた跡…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏握手の作家ら「ご招待」? 桜井よしこ氏ら 「打ち合わせなし」
  2. 水戸で42歳女性、埼玉で88歳女性死亡 熱中症か 各地で猛暑日
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 慣例通り仏料理 牛ステーキ 宮中晩さん会 トランプ大統領迎え
  5. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです