メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

群れの行動を動物実験 滋賀医科大神経難病研究センター助教 杉拓磨さん(41)=京都市 /滋賀

生物の群れの行動をを研究する杉拓磨滋賀医科大助教=同大で、北出昭撮影

線虫使った手法開発

 リーダーがいなくても群れをなして飛ぶムクドリや、大きな魚の姿のようになって泳ぐ小魚など。実証実験が困難とされている動物に共通する群れの行動メカニズムについて、滋賀医科大や九州大などの研究グループが画期的な実験システムを開発した。決め手は、体長約1ミリの線虫。グループの滋賀医大神経難病研究センターの杉拓磨助教(41)=生物物理学専攻=に聞いた。【北出昭】

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです