メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

群れの行動を動物実験 滋賀医科大神経難病研究センター助教 杉拓磨さん(41)=京都市 /滋賀

生物の群れの行動をを研究する杉拓磨滋賀医科大助教=同大で、北出昭撮影

線虫使った手法開発

 リーダーがいなくても群れをなして飛ぶムクドリや、大きな魚の姿のようになって泳ぐ小魚など。実証実験が困難とされている動物に共通する群れの行動メカニズムについて、滋賀医科大や九州大などの研究グループが画期的な実験システムを開発した。決め手は、体長約1ミリの線虫。グループの滋賀医大神経難病研究センターの杉拓磨助教(41)=生物物理学専攻=に聞いた。【北出昭】

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1433文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです