メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仲畑流万能川柳

蜂谷さんに2018年の年間準大賞 介護する母思い句作、受賞に笑顔 /大阪

2018年の仲畑万能川柳で準大賞に選ばれた蜂谷明美さん。書きためた川柳ノートを手に受賞を喜んだ=大阪府柏原市で日、森井ひとみ撮影

 本紙朝刊に掲載している仲畑流万能川柳の2018年の年間準大賞に、柏原市大県の蜂谷明美さん(52)=柳名・柏原のミミ=が選ばれた。蜂谷さんは「本当にうれしい。書けるだけで幸せなのに、こんな賞までいただけるなんて」と笑顔を輝かせた。【森井ひとみ】

 万能川柳デビューは04年。初投稿で掲載され「調子に乗ってしまった」。それからは寝ても覚めても川柳一色の生活に。ここ10年は毎日はがき3枚に計12句を書いて、ポストに入れている。「思いが伝わるように」とすべて手書きで、すでに800を超える句が入選。それでも「大御所の方と比べると、まだまだ少ない方」と謙そんする。そんな蜂谷さんにご主人は「なん…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです