メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

4月から公務員 目標に向かい日々奮闘

公務員になるまでの話をした嶋岡菜摘さん(左)に、篠田睦生さんが質問した=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、三角真理撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

 4月から市役所の事務職員として働く。公務員になることは高校のころからの目標だったが、準備はほとんどせずに就活時期を迎えてしまって、私はいいお手本ではない。後輩の皆さんは準備を大切にしてほしいと思う。(追手門学院大4年・嶋岡菜摘)

 ★高校で将来考え

 高校の頃から、将来の仕事を考えるようになった。大学では、将来の仕事につながる勉強をしたいと思ったからだ。公務員はまじめな私の性格と合っているのではと思った。特に、市役所は市民とともに市を作り上げることが魅力だと感じていた。そこで大学はまちづくりなどを学べる地域創造学部を選んだ。

 大学で、市役所に勤務経験のある先生の授業を受け、市の職員になりたい気持ちはますます強まった。授業で…

この記事は有料記事です。

残り2020文字(全文2358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです