メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

4月から公務員 目標に向かい日々奮闘

公務員になるまでの話をした嶋岡菜摘さん(左)に、篠田睦生さんが質問した=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、三角真理撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

 4月から市役所の事務職員として働く。公務員になることは高校のころからの目標だったが、準備はほとんどせずに就活時期を迎えてしまって、私はいいお手本ではない。後輩の皆さんは準備を大切にしてほしいと思う。(追手門学院大4年・嶋岡菜摘)

 ★高校で将来考え

 高校の頃から、将来の仕事を考えるようになった。大学では、将来の仕事につながる勉強をしたいと思ったからだ。公務員はまじめな私の性格と合っているのではと思った。特に、市役所は市民とともに市を作り上げることが魅力だと感じていた。そこで大学はまちづくりなどを学べる地域創造学部を選んだ。

 大学で、市役所に勤務経験のある先生の授業を受け、市の職員になりたい気持ちはますます強まった。授業で…

この記事は有料記事です。

残り2020文字(全文2358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです