メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マルト醤油

先祖の蔵元、光再び 18代目木村さん、製造や宿泊施設整備目指す 田原本 /奈良

マルト醤油で長年使われた蔵の内部=奈良県田原本町で、藤原弘撮影

 江戸時代に創業された老舗ながら第二次世界大戦後にしょうゆの醸造を停止した「マルト醤油(しょうゆ)」(田原本町伊与戸)の蔵元復活に、子孫の木村浩幸さん(42)らが取り組んでいる。昔ながらの建物を生かし、しょうゆの製造・販売や醸造体験の場、レストラン、宿泊施設を整備する計画で、来年4月のオープンを目指している。【藤原弘】

 マルト醤油は江戸時代の1689(元禄2)年の創業。しょうゆは皇室に納められるほど質が良く、蔵などが…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです