メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AI図鑑アプリ

スマホかざし、お魚ゲット 海響館が導入 自分だけの図鑑完成 /山口

 下関市の水族館「海響館」は1日から、スマートフォンやタブレットを生物にかざすだけで名前や生息地が分かるAI(人工知能)図鑑アプリを導入した。生物を認識すると自動でアプリ内に登録され、自分だけのオリジナルの図鑑を作ることができる。これまで海遊館(大阪市)や鳥羽水族館(三重県)などで実験的に導入しており、中四国・九州地方の水族館では初となる。記者も早速、試してみた。【上村里花】

 アプリは、Linne社(東京都)の「LINNE LENS(リンネレンズ)」。通常は1日10種類を超えて認識・登録すると料金がかかるが、同社との提携により館内に限って登録数の上限が無くなる。海響館正面入り口の改札などに掲示されたQRコードから同館用に設定されたアプリ(無料)をダウンロードする必要がある。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  3. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです