メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県警 春の異動1230人 サイバー犯罪対策課新設 /長崎

 県警は1日、春の定期人事異動を発表した。発令は15日付(一部は4月1日付)。異動規模は昨年より44人少ない1230人。内訳は警察官が、警視正4人▽警視103人▽警部142人--など1100人で、一般職員が130人。

 組織改正では、巧妙化するサイバー犯罪に対応するためのサイバー犯罪対策課を新設。情報発信を強化するため広報相談課には広報室を設置する。捜査1課に県外や警察署間での広域捜査を担う調査官を置く。

 開会中の県議会では、交番機能の強化などを目的とした地域部を4月に新設するための条例案が提案されてい…

この記事は有料記事です。

残り2861文字(全文3114文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  3. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  4. はやぶさ2 危険伴う2回目のリュウグウ着陸「するか」「しないか」惑星協会がメッセージ募集
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです