メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

胎児、やるじゃん=青野由利

 <do-ki>

 「お母さんの体に胎児を介してお父さんのDNAが入っているんです」。長崎大学病院長で産婦人科医の増崎英明さんの言葉に、ええっ?と思った。

 ノンフィクションライターの最相(さいしょう)葉月さんが増崎さんにインタビューした近著「胎児のはなし」(ミシマ社)に出てくる意外な話。2人が登壇した先月のトークイベントでも聴衆は興味津々だった。でも冷静に考えるとおっしゃる通り。理屈はこうだ。

 妊婦の血液中には胎児のDNA断片が流れている。1990年代の発見で、血中を漂う全DNAの1割。ではその構成は? 当然、母親と父親から半分ずつ受け継いでいる。だから「父親のDNAも流れている」というわけだ。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです