メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19年度予算案

衆院通過 統計不正国会、精彩欠き

自身に対する野党からの不信任決議案提出により開会されていない衆院予算委員会の委員会室に姿を見せる根本匠厚生労働相=国会内で2019年3月1日午前8時50分、川田雅浩撮影

 2019年度予算案が年度内に成立する見通しとなり、論戦の主要舞台は参院に移る。国会審議は与党ペースで進んでいるが、野党は引き続き、毎月勤労統計問題で政権を追及し、巻き返しを図る。春の統一地方選や夏の参院選をにらんだ与野党の攻防が続きそうだ。

慎重、与党ペース

 「年度内成立をしっかりと図り、防災・減災・国土強靱(きょうじん)化を次年度当初から執行する」。自民党の加藤勝信総務会長は1日の記者会見でこう語り、早期の予算執行を目指す姿勢を強調した。

 政府・与党にとって予算案の年度内成立は至上命令だ。特に今国会は統一地方選、衆院2補選、参院選と重要…

この記事は有料記事です。

残り1797文字(全文2069文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. 特殊詐欺防止 4人に感謝状 磯子署 /神奈川
  5. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです