メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブン-イレブン・ジャパン

人手不足、苦慮 時短営業、波及の可能性

 コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンは、3月中旬から営業時間を短縮する実験を始める方針を明らかにした。背景には人手不足という、コンビニや外食業界で共通の課題がある。セブンは24時間営業に強いこだわりを示してきただけに、営業時間見直しの動きが広がる可能性がある。

 ファミリーマートとローソンを含めたコンビニ大手は、24時間営業を原則に加盟店と契約している。営業時間が長いほど売り上げが伸び、本部が受け取るロイヤルティーも増えるほか、朝のピーク時に向けて深夜に納品などの作業をする方が効率がいいためだ。

 しかし、人手不足が深刻化する中で24時間営業を継続することは難しくなりつつある。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  5. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです