メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

緩和策の功罪、議論する時期=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

 値上げのニュースが増えている。例えば東洋水産の即席麺「赤いきつね」と「緑のたぬき」は180円の希望小売価格が6月に193円に改定される。ネットの記事に対し、読者の悲鳴が1000件以上書き込まれていた。「七味は自分で用意しますから、それをつけずになんとか値上げせずにすみませんか?」といった懇願や、「武田鉄矢にノーギャラでCMやってもらえよ」との感情的コメントも見られた。

 値上げへの消費者の反応は厳しい。「鳥貴族」「いきなり!ステーキ」等の外食チェーンも既存店売り上げは値上げ後に大きく悪化した。生ビール100円を「売り」にしていた東京都心のある居酒屋が130円に値上げしたら客が離れてしまい(それでも激安)、昨年100円に戻したという悲痛な話も聞こえる。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです