メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

佐伯弘史さん=万能川柳年間大賞

万能川柳の年間大賞に決まり、喜びを語る佐伯弘史さん=大阪市西淀川区で2019年1月31日、幾島健太郎撮影

佐伯弘史(さえき・ひろし)さん(78)

 受賞作は<党名のような政治をしてほしい>。

 離合集散で新党が次々に生まれた2017年秋の衆院選のころ、ふと思いついた。「自民党もかつてあった自浄作用がなくなり、好き勝手な政治には年相応に血圧も上がる。全ての政党に向けた句です」。気を付けたのは、ただの愚痴や悪口にならないこと。昨年1月に秀逸に選ばれ、2度目の月間大賞、そして年間大賞に。「えらいもんもらった。喜び7分、おろおろ3分」と笑う。

 川柳を始めたのは10年ほど前。08年12月、乳飲み子だった孫娘を残して次男が36歳で急逝した。失意…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです