メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

佐伯弘史さん=万能川柳年間大賞

万能川柳の年間大賞に決まり、喜びを語る佐伯弘史さん=大阪市西淀川区で2019年1月31日、幾島健太郎撮影

佐伯弘史(さえき・ひろし)さん(78)

 受賞作は<党名のような政治をしてほしい>。

 離合集散で新党が次々に生まれた2017年秋の衆院選のころ、ふと思いついた。「自民党もかつてあった自浄作用がなくなり、好き勝手な政治には年相応に血圧も上がる。全ての政党に向けた句です」。気を付けたのは、ただの愚痴や悪口にならないこと。昨年1月に秀逸に選ばれ、2度目の月間大賞、そして年間大賞に。「えらいもんもらった。喜び7分、おろおろ3分」と笑う。

 川柳を始めたのは10年ほど前。08年12月、乳飲み子だった孫娘を残して次男が36歳で急逝した。失意…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです