メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
代替わりへ

この中にあるかな? 「新元号」再浮上の例多く 未採用から予想

新元号の有力候補は?

 新元号(4月1日公表)はどんなものになるのか。政府は漢籍などに詳しい学者の案から決めるが、以前の候補が再浮上して決まる例も多い。「明治」も実はその一つだ。平安期以降に候補となり日の目を見なかった案は500を超す。そこから記者が今の選考基準で大胆に絞り込んでみると--。【山口知、中津川甫、桐野耕一】

 政府は元号について選定基準となる「要領」を設けている。元号の要件は▽漢字2字で良い意味を持つ▽書きやすく読みやすい▽過去の元号などに使われていない▽俗用されていない--など。要領にはないが、近年の元号との混乱を避けるためアルファベットの頭文字はM(明治)、T(大正)、S(昭和)、H(平成)を避けるとみられる。

 平安から江戸期の改元では菅原家など学識で名高い家が案を出し、公家による「難陳」と呼ばれる議論を経て…

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1232文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ORICON NEWS [コミケ96]盗撮にセクハラ…コスプレイヤーとカメコ間のトラブルとは? 対処法を弁護士に聞く

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです