メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

花粉、舞い上げず水で除去

室内への花粉侵入経路と対策

 スギ花粉の飛散が本格化し、花粉症を患う人にはつらい季節がやってきた。決して自宅を「聖域」と思うことなかれ。花粉は思いもよらないところから室内に侵入し、あなたの目や鼻を脅かす。住まいの花粉対策を専門家に聞いた。

 花粉症は、植物の花粉に対して体の免疫機能が過剰に反応して起こるアレルギー症状。鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどを引き起こし、国内の発症者数は4人に1人と推計されている。日本気象協会の調べでは、今春のスギ花粉飛散量は、東日本を中心に例年に比べて「やや多い」地方が多く、中国地方は「多い」見込み。まだ発症していない人も、なるべく花粉に接しないようにするのが賢明だ。

 ロボット掃除機「ルンバ」で知られるアイロボットジャパン(東京都千代田区)は1月、花粉症を患い、子ど…

この記事は有料記事です。

残り1717文字(全文2052文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪
  3. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  4. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  5. 逮捕の男、山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです