メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛び込み

ワールドシリーズ 坂井・寺内組、ミスで最下位

男子シンクロ3メートル板飛び込み決勝、5回目の演技で足を滑らせる寺内(下)。上は坂井=相模原市中央区で2019年3月1日、宮武祐希撮影

 第1戦の相模原大会が1日、相模原市立総合水泳場で開幕した。男子シンクロ板飛び込みは昨夏のアジア大会銅メダルの坂井丞、寺内健組(ミキハウス)は、寺内が板から滑り落ちるアクシデントが響いて、322・23点で最下位の8位だった。

 女子シンクロ板飛び込みの金戸凜(セントラルスポーツ)安田舞(エリートアカデミー)組は273・42点で6位、男子シンクロ高飛び込みは村上和基(JSS白子)伊藤洸輝(日大)組が360・99点で6位。女子シンクロ高飛び込みは荒井祭里、板橋美波組(JSS宝塚)が282・72点で7位だった。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文778文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです