メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車

世界選手権 トラック種目 男子ケイリン 新田が銀

 【プルシュクフ(ポーランド)共同】自転車トラック種目の世界選手権第2日は2月28日、ポーランドのプルシュクフで行われ、男子ケイリンで33歳の新田祐大(日本競輪選手会)が2位に入った。同種目での日本勢のメダル獲得は、昨年2位で日本勢25年ぶりの表彰台に立った河端朋之(同)に続き2大会連続。

 来年の東京五輪出場枠獲得を決める五輪ランキングで、今大会は得点が最も多く加算される。新田は決勝の最終周回で追い上げたが、0秒038差で及ばなかった。

 1月のアジア選手権(インドネシア)を制した脇本雄太(日本競輪選手会)は6人による決勝に進めず、7~…

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文860文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです