メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LookWESTけいざい

広がるAI導入…カキ養殖、学生評価、自動レジ 「夢の技術」はどこまで進むか

海中の水温を測るセンサーの状態をいかだの上で確認するシャープの社員=広島県江田島市で2019年2月21日午後1時ごろ、加藤美穂子撮影

 産業から暮らしまで、さまざまな場面に進出している人工知能(AI)。効率を飛躍的に高める可能性を秘めており、多様な分野に導入しようと各地で取り組みが進む。

 瀬戸内海に囲まれ、カキの養殖が盛んな広島県江田島市。波が穏やかな湾に浮かぶ小さないかだからは海中に多数のひもが伸び、先端にはセンサーが取り付けられている。そこで計測した水温や塩分濃度をAIで解析して、カキ養殖を“スマート化”する実証実験が昨年12月に始まった。

 カキ養殖は、海中に漂う0・3ミリほどのカキの幼生をホタテの貝殻に付着させ、そのまま成長させる。この採苗(さいびょう)と呼ばれる作業で、いかに多くの幼生を付着させられるかが生産を左右する。従来は熟練した漁業者がカキの卵で濁る海面を目で確認し、幼生が浮遊する時期と位置を予測して採苗しており、経験がものをいっていた。

この記事は有料記事です。

残り1630文字(全文1995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 今週のNHK連続テレビ小説 おちょやん

  4. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです