メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ドイモイ」参考に? 正恩氏側近ら、ベトナム国内熱心に視察

ベトナム訪問を終え、見送りの人々に手を振る金正恩朝鮮労働党委員長(中央)=ベトナム北部ランソンのドンダン駅前で2019年3月2日午後0時半過ぎ、西脇真一撮影

 米朝首脳会談のため北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が2日までハノイに滞在中、金委員長の側近はベトナムの経済発展ぶりを熱心に見て回った。社会主義国のベトナムは1986年末に「ドイモイ(刷新)」政策を取って改革・開放路線に転じ、今は東南アジアトップクラスの成長を続ける。北朝鮮にはベトナムを参考にする意図があるのだろうか。【ランソン(ベトナム北部)西脇真一、渋江千春】

 58年に金委員長の祖父、金日成(キム・イルソン)主席(当時は首相)が公式訪問し、ベトナム民主共和国(北ベトナム)のホー・チ・ミン主席と会談。64年には秘密訪問した。北朝鮮最高指導者のベトナム訪問は、この時以来だ。

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 新システム稼働したのに…都内なおファクス報告 コロナ感染、進まぬ情報共有

  4. 東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

  5. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです