メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ドイモイ」参考に? 正恩氏側近ら、ベトナム国内熱心に視察

ベトナム訪問を終え、見送りの人々に手を振る金正恩朝鮮労働党委員長(中央)=ベトナム北部ランソンのドンダン駅前で2019年3月2日午後0時半過ぎ、西脇真一撮影

 米朝首脳会談のため北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が2日までハノイに滞在中、金委員長の側近はベトナムの経済発展ぶりを熱心に見て回った。社会主義国のベトナムは1986年末に「ドイモイ(刷新)」政策を取って改革・開放路線に転じ、今は東南アジアトップクラスの成長を続ける。北朝鮮にはベトナムを参考にする意図があるのだろうか。【ランソン(ベトナム北部)西脇真一、渋江千春】

 58年に金委員長の祖父、金日成(キム・イルソン)主席(当時は首相)が公式訪問し、ベトナム民主共和国…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1083文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです