メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外志村けんさん死去 70歳 新型コロナに感染

結婚難、教育費高騰、「幼稚園に年320万円」…「人口ボーナス」終わった中国の現実

上海の名門幼稚園の一つ「私立モンテッソーリ幼稚園」の教室。多彩な教材がそろっている=上海市中心部で2019年2月27日、工藤哲撮影

 2月の春節(旧正月)が終わり、中国は新学期を迎えた。「じゃあ、またね」。上海中心部に位置する「私立モンテッソーリ幼稚園」。我が子を送り出す父母たちは高級ブランド服を身にまとう。

 学費は年19万2000元(約320万円)。園児約140人の国籍は20カ国。うち6割が中国人で、教員もフランス人など国際色豊か。親の職業は金融、ITなど高所得層が多い。

 「外国籍教員による指導など特色ある教育は経費がかかるので学費は決して高くありません。入園希望者は増えていますよ」。張小倩(ちょうしょうせい)園長はこう説明する。今年中の学費値上げも検討しているという。

この記事は有料記事です。

残り2256文字(全文2530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 大阪府で新たに17人感染確認 無症状の小学生も 4人が味覚や嗅覚の異常訴え

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです