メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結婚難、教育費高騰、「幼稚園に年320万円」…「人口ボーナス」終わった中国の現実

上海の名門幼稚園の一つ「私立モンテッソーリ幼稚園」の教室。多彩な教材がそろっている=上海市中心部で2019年2月27日、工藤哲撮影

 2月の春節(旧正月)が終わり、中国は新学期を迎えた。「じゃあ、またね」。上海中心部に位置する「私立モンテッソーリ幼稚園」。我が子を送り出す父母たちは高級ブランド服を身にまとう。

 学費は年19万2000元(約320万円)。園児約140人の国籍は20カ国。うち6割が中国人で、教員もフランス人など国際色豊か。親の職業は金融、ITなど高所得層が多い。

 「外国籍教員による指導など特色ある教育は経費がかかるので学費は決して高くありません。入園希望者は増…

この記事は有料記事です。

残り2307文字(全文2530文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです