メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鯨観察に強い味方 水中マイクで浮上位置特定 羅臼の観光船に

尾びれを高く上げて潜水するマッコウクジラ。後方は知床連山=北海道羅臼町沖の根室海峡で、本間浩昭撮影

 世界自然遺産の北海道・知床の根室海峡で人気のマッコウクジラのホエールウオッチング。「神出鬼没」で、次にどこに姿を現すのか探すのに苦労していたが、強い味方が現れた。長崎大学水産学部の研究室が開発した特殊な水中マイクで、鯨までの距離と方向をほぼ特定することができるという。観光船の運航会社は「これで浮上した鯨を全速力で追いかけずに済みそうだ」と歓迎している。【本間浩昭】

 マッコウクジラは、深海にすむイカ類などを求めて水中に40分程度潜った後、海面に浮上し、潮を噴き上げ…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文983文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです